top of page

バッテリーを充電しましょう


春先に多い修理依頼がバッテリー上がりです。

バッテリーは使用しなくても少しずつ自然放電していく為、乗らない期間が一ヶ月もあると大体のバイクはバッテリー上がりとなってしまいます。

定期的にエンジンをかけていても、バッテリーが満充電になるまでアイドリングで放置するのは危険ですし、環境にもよろしくないので、乗る機会が少ない人は充電器を使ってください☆

車両のバッテリーにあらかじめコードを取り付けておけば、カプラーオンで自宅のコンセントと繋ぐだけ。バッテリーの価格も上がっているので賢く充電して長持ちさせましょう!

閲覧数:14回

Comments


bottom of page